[NEW] [SALE]

英国アンティーク・ヴィンテージ家具ALL30%OFF

  • お取り扱い店舗:
  • 与次郎店
昨年夏、英国に出向いて直接買い付けてまいりましたアンティーク・ヴィンテージ家具。
与次郎店3階にて大好評販売中です。
渡英の目途が立たず、展示分のみとなります・・・特にネストテーブルはラスト1になってしまいました。

今日はアンティーク・ヴィンテージ家具によくみられる二つの材種【マホガニー】と【オーク】についてご紹介いたします。
☆これらの家具はほとんどが所謂「無垢材」ではなく突板仕上げです。
希少な材を大切に使うため・反り防止のため・均一な強度と美しい仕上がりのため(象嵌細工等)など、さまざまな理由があるようです(無垢材が好まれてきた日本の市場とは大きく異なります)。

マホガニー・・・1700年代に、それまで主流であったウォルナット材に代わって使われるようになった南米産のマホガニー材。
初めはウォルナットの代替品でしたが、その加工の容易さが可能にした繊細な美しさ、赤みを帯びた木肌の美しさ、耐久性の高さが富裕層に好まれ、たいへんな人気を博しました。
その人気ぶりに過剰伐採や不正取引が横行し、1946年にキューバ政府が輸出を禁止、またワシントン条約でも制限されているため、現在では南米産のマホガニー材の家具というとほぼアンティーク・ヴィンテージ家具になります。
入手困難となってからも、あまりの人気にセンダン科の樹木等で似た木肌のものを赤系に塗装し、別な種類であっても「マホガニー」として流通しているものもございます。

オーク・・・硬く頑丈で、重たいオーク材は床材やウイスキー、ワインの樽としても広く使われています。また、タンニンが豊富で虫に強く、現在も当時の美しい状態のままのアンティーク家具が多くあります。
切り出す場所により異なる柾目・板目・虎斑の美しい木目も特徴です。元々の木肌はナチュラル色なので、塗装によりベージュ系~ダークブラウン等様々な家具があります。経年により褐色に変化します。

100年経っても現役のアンティーク・ヴィンテージ家具。
材質の良さ、希少さ、個性的で凝ったデザインなど、量産家具にはないオンリーワンな魅力があります。
11/29(日)まで全品30%OFF!
※画像の商品は完売の場合もございます。
英国アンティーク・ヴィンテージ家具ALL30%OFF
英国アンティーク・ヴィンテージ家具ALL30%OFF
英国アンティーク・ヴィンテージ家具ALL30%OFF
< PREVIOUS PAGE
家具・インテリア・雑貨の通販サイト ONE and ONLY