2021/05/12

コダマデスク

念願が叶って、スタートから1年半の期間を経てようやく100%鹿児島県産材を使用した「コダマデスク」が始動します!
天板や側板には鹿児島県産の「オビスギ」が、引出の中にはやはり鹿児島県産の「ヒノキ」が使われた、暖かな手触りのデスクです。

 

☆実際に鹿児島版コダマデスクを見ていただくと、黒い斑点があちこちに見られると思います。これは九州南部の杉に特徴的な「気根(きこん)」。虫食いと間違われやすいのですが、九州の杉の印ともいえるものです。


※以下コダマプロジェクトHPより転記


「上流の山」と「下流の街」の人と人をつなぐ、コダマプロジェクト。
「下流の街」に住む僕は、蛇口から出る水を毎日当たり前に使っている。
その水が、「上流の山」から来ることは、なんとなく知ってたけど、そこがどんな場所で、どんな人が暮らしているのかは、知らない。
もし僕たちが、水や、自分が使う道具や、食べる物の素材が、どんな場所から来て、どんな人が作っているかを、もっと知ることができたら、
暮らしやモノを通して、もっともっと人と人がつながることができるかもしれない。
「モノや素材を通して、地域の資源がつながり、人と人がつながる。」
その未来を、想像するだけで、とても素敵な気持ちになります。
「家具」「建築」「素材」「生活雑貨」「食品」
コダマプロジェクトの活動に集まった仲間達を通して、様々な地域の資源が生まれています。
作り手として。使い手として。
コダマプロジェクトはいつでも、あなたの参加を待っています。


名古屋の「コダマプロジェクト」さんが始めた素晴らしいプロジェクトにオンリーワンが参加させていただいた形です。
「CONNECT」代表の水野さま、デザイナーの村澤さま、木材提供の「山佐木材株式会社」さま、素晴らしいクオリティで鹿児島版コダマデスクを制作してくださいました「堂免家具」さまには甚大なるご協力をいただきました。心より感謝申し上げます。

 

< PREVIOUS PAGE
家具・インテリア・雑貨の通販サイト ONE and ONLY